天竜 HISTORY

入社式そして春

2018.04.05

駒ヶ根では、ちょうど桜の季節に合わせて
新入社員を迎え入れる時期となりました。 
今年も新しい社員が入ってくれることは有難いことです。

代表の小野の入社式のあいさつでは、
「新入社員が継続的に入るということは、

 

 天竜精機の”進化・成長の証”

 

そして、新しい人材により社内も活性化され、
新しい血が入ることで、柔軟性が向上し、
動脈硬化予防にもつながる!」

と話がありました。
(動脈硬化予防といわれると私なんかも年齢的にドキっとしてしまいます ^ ^;)

また、今年から、セレンディップ・コンサルティングのグループ企業として、
翌日には、グループ会社合同で新入社員研修を実施しました。
ここでは、今後のグループ全体としてのビジョンや課題感
そこから目指す方向性が示され、参加した新入社員も期待とやる気スイッチが
入ったようです。

グループ会社の社長から、これからの未来ある新入社員に
最も大切なこととして、求めたことは1つ。

“考える“

ということでした。 
毎日のニュース、新聞、ネット記事、友人知人からでも、
少しずつ知識を入れつつ

自分なりに考えてみる、
意見を持ってみる、
疑問を聞いてみる
周りの人にも聞いてみる、等

その根源にあるのは、興味であり“好奇心”
自分たちがどんな業界に身を置き、その業界がどう変わっていきそうか?
そこにはどんな課題がありそうか、変化に対してどんな対応をしていくか?
身の回りのことでも、ちょっと気にするだけでも考え方は変わって来ます。

 新入社員でも出来ること、
それは、日々”考える”ことです。

これを毎日続ければ、きっとAIが全盛になろうが、どれだけ技術革新が進もうが
私たちのやるべきことが、そこにはあるはずです。 

今日は、どんなことに興味を持ち、どんなことを考えましたか?

それではまた!

パラ王

一覧へ戻る

Page Top